しばらくWindows8を使ってみた感想は、言われてるほど悪くないといったところ。
 メトロスタイルはタッチパネルに最適化されていると言われているけど、実はキーボードと親和性が高い。タッチパネルだと細かい操作ができないから、1画面に表示する情報が少ない。端から端までカーソルを動かすのも簡単。表示数が少ないと自然と絞り込んでいくUIになっていて、目的のものにたどり着くまでの打鍵数がかなり減ったと思う。
 加えて、ようやくMacのスポットライトに追いついたくらい強力な検索が搭載されている。コンピュータ全体から検索したければホーム画面で直接文字入力。(デフォルトでテキストボックスは表示されていないから気づきづらいけど)IEでも検索したければキーボード入力。何はともあれキーボードで何か押せばどうにかなる設計になっている。
 このことについて言及が少ないのは、キーボードを使うような人は勝手に調べて勝手に使うから、正解な気がする。逆に教えてくれなきゃわかんなーいっていう人にはタッチパネルで使ってもらえばいいし。
 それにしてもマウス操作のいいところはまったく思いつかない。マジョリティを切り捨てればそりゃあ評判悪くなる。